お問い合わせ・ご予約

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6429-1182

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

矯正治療

横須賀歯科医院の矯正について

矯正治療を受けるのは、歯並びの悪さが気になっている人です。
しかしそれはあくまで一般例であり、実は多くの人が矯正することで高い審美効果を得られるのです。

横須賀歯科医院が矯正において意識しているのは単純に歯を並べることだけではありません。
矯正を希望する患者さんだけに矯正治療を案内するのではなく、矯正した方が治療効果の高まる患者さんにむしろ歯科医の方から矯正治療をすすめる…そんな提案力です。
そして、横須賀歯科医院ではその提案力に自信を持つだけのノウハウがつまれています。

一般歯科の経験を活かした矯正治療

歯科には様々な専門分野がありますが、その中でなぜ成人矯正を専門にしたのか?
その理由は院長の大学生時代にさかのぼります。当時、歯科分野では2つこと起こっていました。
1つはこのままだと将来は歯科医師が増え続けるということです。

もう1つは顎関節症の治療が歯科治療の3大疾患になると言われた中で、その認知度が上がってきたことです。
将来の歯科医師が増えていくことに危機感を持ち、人のやっていないことをやろうと誓ったことで、矯正という分野を選択しました。それが成人矯正を専門にしたきっかけです。

当時は日本で矯正の分野を学べる場所が少なかったため、アメリカに行って顎関節症の研究を行いました。
また、そんな矯正を学ぶにあたって一般歯科を開業しながら矯正治療を学んだ経験もあります。
その結果、一般歯科で得た知識や経験を矯正治療に活かせるようになったのです。

横須賀歯科医院では、一般歯科をバックグラウンドに持つ専門医による総合的な視点を用いた矯正治療、言わば一般歯科と矯正歯科のプロフェッショナルによる矯正治療が受けられます。
矯正治療はどの歯科医院で受けても同じ…そうではないことを実感していただけます。

顔の見栄えと矯正の効果

矯正治療は歯並びを改善したいという審美目的で希望する人が多いのですが、矯正治療に関係する人間の見栄えの悪さというのは実は2パターンあります。
1つは歯並びが悪いパターンで、これは矯正治療とストレートに関係することですね。

重要なのは2つ目で、口元が悪いパターンです。これは一見矯正治療とは無関係に思うでしょうが、日本人の顔つきの特徴に注目すると、歯を引っ込めることで口元の見栄えがよくなる人が多いのです。
つまり、矯正治療をすることで顔の下半分の審美性が向上する人が潜在的に多いのです。

そもそも人間の顔というのは99%が口を閉じた状態です。
その時の見栄えが悪いと思えば、誰もが顔のパーツの整形が改善策だと思うでしょう。
しかしそうではなく、矯正治療によって歯を引っ込めることで見栄えの向上が実現します。

このため、横須賀歯科医院では歯を並べるというよりも、口を閉じている時の顔つきをよくする意識を持って矯正治療を行っています。
その結果歯並びがよくなるのはもちろん、鼻から下の見た目を向上させることにも自信を持っています。

インプラントをする人への矯正治療のすすめ

どんな人に矯正治療を受けてほしいか?仮にそう質問されれば、「インプラントをしている人」と答えます。
矯正治療とインプラントは全く別の治療ですが、実はこれらは相性が非常によいのです。
例えば、奥歯を失った人は前歯が残り、その影響で前歯が人に見られるようになります。

失った奥歯を取り戻すためにインプラントしたとして、ほとんどの人はそれで満足します。
しかし、奥歯をインプラントにすることでそれを土台にして矯正治療で前歯を動かせるようになるのです。
1つの流れで例えると奥歯を歯周病で失った場合、歯周病を改善してそこに土台を作ります。

そしてその土台にインプラントをして、さらにそのインプラントを土台にして矯正治療するというわけです。
この場合、最終的に失った奥歯がインプラントによって取り戻せますし、残った前歯の歯並びも改善されるため、トータルの治療の質が格段にアップするのです。

確かに、現状ではインプラントをした後に矯正治療をする人はほとんどいません。
しかし、将来的にはインプラントと矯正とセットにした治療を積極的にやっていきたいと考えています。
高齢化社会の今、奥歯を失ってインプラントする人にはぜひその後の矯正治療を検討してほしいですね。

治療の幅が広いのが強み

どの歯科医院にも診療科目が設けられており、「矯正歯科」というのもそんな診療科目の一つです。
矯正歯科を診療科目にしている歯科医院は矯正治療のプロフェッショナルですが、言い方を変えれば矯正治療以外の歯科治療においては知識も技術も不充分ということになります。

最も、それは当然のことでもあります。
矯正の専門医が歯周病を治療するよりも、歯周病の専門医が治療した方が治療の質が高いですし、逆に歯周病の専門医が矯正治療するよりも、矯正治療の専門医が治療した治療の質は高いですからね。

その点、横須賀歯科医院では一般歯科での経験を活かすことで、治療の幅を広げることを実現しています。
歯並びだけに注目してマニュアルどおりの矯正治療を行うのではなく、一般歯科の知識を活かして矯正治療に取り入れ、独自の提案や治療を提供させていただきます。

このため、矯正治療で思わぬ問題が発生した時に一般歯科ならではの知識で解決する、もしくは一般歯科において矯正治療をした方が治療の精度が高まる場合、そのための提案ができるのです。
こうした治療スタイルを実現できるのが、一般歯科をバックグラウンドに持つ横須賀歯科医院の強みです。

対応できる症状について

横須賀歯科医院の矯正治療で対応できる症状は、歯並びが悪いことはもちろん、顎関節症、口元の出っ張り、口元のコンプレックスなどにも対応できます。
顎関節症は元々院長が専門医を目指していた頃、アメリカで研究して深く学んだ経験と実績があります。

また、鼻から下の見栄えを向上させることには院長も自信を持っており、そのため口元の出っ張りや口元のコンプレックスなども矯正治療で対応可能です。
また、口元と歯並びの審美性が高まることで笑顔に自信が持てない人にも矯正治療はおすすめです。

上記でお伝えしたとおり、横須賀歯科医院では口を閉じている時の顔つきをよくする意識で治療しています。
このため、単に歯の状態に注目するだけでなく、顔つきそのものを視野に入れて結果的に全体の審美性を高める矯正治療を心掛けています。

こうした様々な症状に対応できるのが横須賀歯科医院の矯正治療の強みですし、一般歯科をバックグラウンドに持つ専門医ならではの治療方針です。
最も、これはあくまで一例なので、お口の周辺や歯の審美性に悩みがある人はお気軽にご相談ください。

口元の出っ張りや自分の笑顔に対するコンプレックス、横須賀歯科医院の矯正治療なら歯並びの悪さだけでなくこれらの悩みも解決してみせます。

また、奥歯をインプラントとした人はそれを土台にして矯正治療を行えば、前歯においても美しい審美性を実現することができます。
経験と実績が豊富な院長が、横須賀歯科医院の矯正治療を自信を持っておすすめします。

監修医のご紹介

加治 初彦

加治 初彦

略歴

1983年3月
九州歯科大学卒業
1986年12月
ウェストバージニア大学 大学院卒業 Master of Science(顎関節)
1989年
東京歯科大学 矯正科
1992年
東京歯科大学非常勤講師
千代田区にて加治歯科矯正医院開業
1998年
渋谷区にて同分院開業
1997年
藤本研修会矯正コース講師

所属学会

American Association for Orthodontist
日本顎関節学会

現在の活動

Sheep TMJ disc with unilateral vertical dimension loss

主な論文

・Atlas of the TMJ Anatomy, Quintessence Publishing Co,Chicago,1990 (共訳)
・CMDのガイドライン 上下, ザ・クインテッセンス出版,1991(共訳)
・部分矯正を知る,ザ・クインテッセンス,1~12,2000
・矯正治療とTMDの関係について.臨床家のための矯正Year Book 2000:188-195, クインテッセンス出版, 東京
・歯科衛生士のための矯正学, 4, 2003歯科衛生士, クインテッセンス出版, 東京
・下顎前歯部の3-incisorでのアプローチのための鑑別診断, 9~10, 2005ザ・クインテッセンス, クインテッセンス出版, 東京
・一般臨床家のためのLOTの臨床, 7~12, 2006ザ・クインテッセンス, クインテッセンス出版, 東京
・部分矯正とインプラント, 2, 2008歯界展望, 医歯薬出版
・矯正治療において付与する咬合のポイント, 9, 2008デンタルダイヤモンド, デンタルダイヤモンド
・GP-矯正連携の現状を考える, 2~6, 2009ザ・クインテッセンス, クインテッセンス出版, 東京
・超高齢社会における矯正治療の位置づけ, 6~10, 2011ザ・クインテッセンス, クインテッセンス出版, 東京
その他

診療予約・お問合せはこちらから

お電話の方はこちら03-6429-1182

お問合せフォーム

診療時間
10:00~20:00
※土日祝は19:00まで ※休診日:年末年始を除き無休

PAGE TOP